2014年02月22日

シュガーアップル・フェアリーテイル

シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と黒の妖精 (角川ビーンズ文庫)

★個人的おススメ度:80%(※1巻現在)

少女小説らしい、可愛らしいモチーフが満載の作品。
砂糖菓子職人の主人公と、彼女に使役させられることになる人間嫌いの戦士妖精の、徐々に近づく距離感が溜まりません。これぞ少女小説。
作風にピッタリ過ぎる綺麗な挿絵も魅力的。シャルがカッコいい…

■1巻感想(2014/02/21)
読後、素直に「面白かった!」と思える作品でした。終わり方がとっても綺麗。

人間嫌いの妖精と、妖精と仲良くしようと心がける主人公。王道の異種族ラブな感じですが、今巻は信頼を得るところまでで終わっています。シリーズ続いているみたいなのでラブはこれからですねわかります(笑)

ミスリルの恩返しがとっても楽しみでしたが、ラストでやってくれました。こういう展開大好きです。この伏線最後に回収するんだろうなぁということが見え見えですが、見え見えだからこそどう伏線回収するのか楽しみになるんだよね。なかなかいい伏線回収の仕方だったと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。