2014年02月03日

ちはやふる

ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス)

ちはやふる (2) (Be・Loveコミックス)ちはやふる (3) (Be・Loveコミックス)ちはやふる (4) (Be・Loveコミックス)ちはやふる(5) (Be・Loveコミックス)

ちはやふる(6) (Be・Loveコミックス)ちはやふる (7) (Be・Loveコミックス)ちはやふる(8) (BELOVEKC)ちはやふる(9) (Be・Loveコミックス)

ちはやふる(10) (Be・Loveコミックス)ちはやふる(11) (Be・Loveコミックス)ちはやふる(12) (Be・Loveコミックス)ちはやふる(13) (Be・Loveコミックス)

ちはやふる(14) (Be・Loveコミックス)ちはやふる(15) (Be・Loveコミックス)ちはやふる(16) (Be・Loveコミックス)ちはやふる(17) (Be・Loveコミックス)

ちはやふる(18) (Be・Loveコミックス)ちはやふる(19) (Be・Loveコミックス)ちはやふる(20) (Be・Loveコミックス)ちはやふる(21)

ちはやふる(22) (Be・Loveコミックス)ちはやふる(23) (Be・Loveコミックス)

★個人的おススメ度:85パーセント

競技かるたという珍しい題材ですが、実によくできたスポーツもの漫画です(笑)
スポーツもの少年漫画の要素を詰め込みながら、主人公は女の子。
恋愛要素は少ないですが、少女漫画だなぁという展開はしっかりあるのでご安心を。
恋愛に頼らないストーリー重視少女漫画です。掛け値なしにおススメ。

続きを読む
ラベル:ちはやふる

2014年02月01日

たむらまろさん

たむらまろさん (B's-LOG COMICS)

個人的おススメ度:55%

奈良末期を舞台にしたのんびりコメディ。
キャラが個性的で、難しい話じゃないのでさくっと読めます。
田村麻呂が飄々としたイケメンキャラなので、そういったタイプが好きな方に是非。


■感想
ユキムラ先生の漫画が好きだったので作者読みしたのですが、この作者のBLではない作品は初めてです。でも、ほんの少しボーイズラブ臭がします。苦手な方はご注意を。

この漫画はストーリーというよりキャラを楽しむ漫画なのかな? 田村麻呂さんと綿麻呂さん、そしてその他の鬼たちや天皇など個性豊かなんだけど、なんだろう…そこまでお話にのめり込むことはなかったです。とはいえ激しいキャラ萌えがあるかというとそうでもなく、なんというかつらつら物語を読んでたら、盛り上がりもなく終わった…という印象。

出世欲に溢れる綿麻呂が田村麻呂に惹かれていくのが物語の主軸かと思ったらそうでもなく(確かにその描写はあったけどメインのお話かと言われればそうでもない)、じゃあ鬼たちのお話がメインかというとそれもまた違う。わたしがキャラ的にハマった桓武帝は、メインどころかサブキャラでもない。ぶっちゃけ脇役だ。つまりいろんな面白さが詰まってるけどそのどれもがメインとして描かれていないので、なんとなく物語がまとまりがない…というかバラバラとした印象を受けるのかもしれない。

この時代に詳しかったらもっと楽しかったのかな。ううむ…

※ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ

暁のヨナ

暁のヨナ 1 (花とゆめCOMICS)

暁のヨナ 2 (花とゆめCOMICS)暁のヨナ 3 (花とゆめCOMICS)暁のヨナ 第4巻 (花とゆめCOMICS)暁のヨナ 5 (花とゆめCOMICS)

暁のヨナ 6 (花とゆめCOMICS)暁のヨナ 7 (花とゆめCOMICS)暁のヨナ 8 (花とゆめCOMICS)暁のヨナ 9 (花とゆめCOMICS)

暁のヨナ 10 (花とゆめCOMICS)暁のヨナ 11 (花とゆめCOMICS)暁のヨナ 12 (花とゆめCOMICS)

★個人的おススメ度:90%

これぞ王道のファンタジック(逆ハーレム)ラブロマンな伝記モノ!
国を失った姫様がドンドンと強く逞しくなっていく過程は実にゾクゾクします。
お話の展開も早く、飽きさせません。王道な展開ですがそこがまたイイ。
ファンタジー要素の強い少女漫画が好きな方に是非、是非おススメします。


続きを読む
ラベル:暁のヨナ
posted by 大河 at 01:27| Comment(0) | 少女漫画 花とゆめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月31日

雑記

ブログを始めて2週間ぐらい経ちました。

今まで漫画は好きでしたがこう何十冊もいっぺんに読んだことはなく、とうとう左手が本の読み過ぎで筋肉痛になりました。本を持つたびに左手が疼きます(笑)

そんな私の近況ですが、レンタルコミックの効率のよい使い方を模索中です。

レンタルコミックで使用している店舗は、職場近くの「ゲオ」と休みの日にしかいけない「TUTAYA」の二種類。わざわざ二店舗に通っている理由はずばり「メリット・デメリット」の差です。

詳しく上げると(あくまで私が通っている二店舗の差です)、

【ゲオ側のメリット・デメリット】
・一度に20冊借りるとレンタル料金が1冊60円になる割引がある
・漫画の種類はそこまで多くなく、ごく一般的な人気作しかない印象

【TUTAYA側のメリット・デメリット】
・漫画の種類が豊富で人気作は冊数も多い。
・TUTAYAアプリでレンタルコミックの在庫が見れる(これはかなり便利)
・一度に10冊借りないとレンタル1週間にならない。価格は安くならない。

こんなところでしようか。

郵送レンタルという手もあるにはありますが、あれ使うと1冊当たりの単価が跳ねあがっちゃうので、レンタルコミックの利点が薄れちゃう印象なんだよなー。

※ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
posted by 大河 at 20:47| Comment(0) | 雑記 つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月30日

失恋ショコラティエ

失恋ショコラティエ 1 (フラワーコミックスアルファ)

失恋ショコラティエ 2 (フラワーコミックスアルファ)失恋ショコラティエ 3 (フラワーコミックスアルファ)失恋ショコラティエ 4 (フラワーコミックスアルファ)失恋ショコラティエ 5 (フラワーコミックスアルファ)

失恋ショコラティエ 6 (フラワーコミックスアルファ)失恋ショコラティエ 7 (フラワーコミックスアルファ)

★個人的おススメ度:70%

ドロドロの恋愛劇です。けどコメディタッチな部分が多く、暗くありません。
人物の心情表現が上手く、予想のできない展開に常にハラハラさせられます。
もうガッツリ恋愛読みたい! ドロドロ上等むしろ好き! …という方にお勧め。
好き嫌いはたぶんはっきり分かれる作品。1巻で様子見することを提案します

続きを読む
posted by 大河 at 00:39| Comment(0) | 少女漫画 フラワーコミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。